チェンマイコムローイ撮影シュミレーションその1

いよいよ来週土曜にはチェンマイへ向かい、楽しみにしている14日のコムローイもまもなくとなりました。

この度のタイ国王のご逝去により、お祭りは中止にはならなかったものの、規模縮小を余儀なくされ、一人に1つづつあげることができる予定だったコムローイも、三人で1つの打ち上げとなってしまいました。

元々は三人で三回あげる予定だったのが、たったの一回ww

たった1回の打ち上げで写真も撮りたい、動画も撮りたい。そもそも打ち上げ自体を楽しみたい。。。そんなことが一度にできるのだろうか??

まずは、カメラワークのシュミレーションをして、本番に備えよう。。。うん!

まずは機材


CANON EOS6D+EF28-135IS

超広角レンズとこのレンズどっちにするか悩み中なんだけど、コムローイをあげる前の下からのぞいたような一枚を撮りたいと思うとやはり超広角だとヤバイww

だって太い下半身がさらに太く写ってしまうじゃない??
自室の照明のカサをコムローイに見立てて、撮ってみる


上が28ミリ、下が50ミリ

三人だと50ミリくらいでもよさそうですね。
手にスマホ持っているのは、スマホのリモート機能を使っているからです。

今回のこういったローアングルからの撮影となると、カメラにフリーアングルモニターがあればいいのですが、私のカメラにはついてないため、地面に仰向けに寝転がって撮るしかないのです。。が、リモート機能があるので、カメラだけを地面に上向きに置いて、スマホ画面を見ながらシャッターを押すことができるのです。

ということで!めったに使わないこの機能を出発までに使い方をマスターしておかないとですよw


スマホと6Dをつなげると、こんな画面になります。

カメラに映る状態がスマホに表示されます。

露出も、ピントもスマホで変えることができるのが、なんともありがたいw


F5.6〜11まで変えてみるとこんな感じw

いい感じ〜

さてこの後は夜にw

コメントを残す